TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


J1 第34節 FC東京戦 

2009年12月06日 ()
1-1の引き分けで賞金圏外の8位で終了
もし勝ていれば5位になっていましたがゲーム内容からいって
妥当な結果だったと思います


マルシオ、大島は怪我、本間が累積で出場停止でチームの中心が抜けてしまって
厳しいゲームになりました
CKから松尾が決め何とか引き分け
千代反田のヘッドがポスト直撃くらいしか決定的なチャンスはなかったと思いますが
内容としては悪くはなかったです

FC東京に負けないボール回しもできていたがやはりゴール前での
プレイ精度がイマイチです
4-4-2に戻してからの大きな課題になっています
細かいところですがトラップが大きかったりやパスが少しずれてしまい
相手に寄せられる時間を作ってしまいます
そこが上位に行くためには必要なのかなと思います
あとはボールを奪ってからの繋ぎを正確にする所です
どうもボールの出し手と受け手のタイミングが合わないことが多い気がします
4-3-3の頃はうまくいっていたように思います


一方、FC東京はボール回しがうまく、個々にキープ力の高さを感じました
うまくいかない時間帯には単純に平山にロングボールを
上げることができるので戦術的に幅があると思いました
平山は見ないうちに良くなっていますね
キープ力があり、正確なパスもできているので理想的なポストプレイヤーです
場合によって仕掛ける動きもあるので怖い選手になりました
ただ、東京は繋ぎの所でキープ力に自信があるのか、多少持ちすぎで
矢野などが積極的にプレスを掛けられて高い位置で何度か取られていてピンチを作っていました


ゴールを決めた松尾は戦力外で来期は新潟を離れます
背も高くテクニックもあり、両足も使える万能なSBで
まだまだ新潟で使える選手でしたが、やはり怪我の多さが原因でしょうか
ジウトンも鹿島が獲得に動いているみたいだし、残してほしい選手でした
左右のSBできる選手は貴重なのでJ1チームも獲得に動くと思われます

もう一人の戦力外のマーカスは新潟では出番があまりありませんでした
今年出ていた試合を見てみるとそれなりに安定したプレイをしていたと思いますが
千葉や三門にポジション争いで負け
来期にはユースの奥山やU-18日本代表の加藤大と将来に期待のできる選手たちが入るので
戦力外は仕方なかったのかなと思います
大宮、札幌と一緒だった三浦監督のいる神戸辺りが取りそうな気がします


ホームでの鈴木監督は最後でしたがまだ天皇杯があります
清水は新潟同様、リーグ終盤では調子を落としていましたが
カップ戦なのでどうなるかわかりません
ぜひとも、勝って少しでも長く鈴木アルビを見ていたいです
スポンサーサイト
18:00 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


J1 第33節 川崎フロンターレ戦 

2009年11月28日 ()
今年は0-1の敗戦が多いです
この試合でも0-1の敗戦、二連敗で賞金圏外の8位まで順位を落としてしまった
川崎は最終節に優勝の可能性を残せました

新潟はマルシオ、ジウトンが怪我で欠場 厳しいゲームになると予想できました
前半は川崎がシュート5本、新潟が1本と数では負けていましたが
チャンス自体はそう変わらなかったと思います
守備が集中していて、あまり怖いシーンは少なかったです
松下が裏に抜ける動きで何度かチャンスを作っていました
三門も内田からのクロスをファーサイドでどフリーのヘディングと
松下からのスルーパスで受け、GK川島を交わすシーンとありました
この場面では川島選手の飛び出しはすばらしかったです
大島が怪我で途中交代、二試合連続で前半での交代があり
ついていないような気がします

後半に入り、ゲームが動き始めます
序盤は両チーム共に何度かチャンスがありましたが決められず
一気に川崎ペースで進んでいきました
ケンゴのトーキックのシュートはアイデアがあり、さすがと思いました
ジュニーニョはよくそのシュートをやってますね
70分にジュニーニョのクロスからテセがニアに動き、ボレーで先制
新潟はビハインドですがなかなかチャンスを作れず
ゴートクが左サイドで粘ってクロスを上げた場面くらいしか惜しいシーンはなかったです

マルシオ抜きでもある程度はいいゲームができているのですが
得点が取れませんので
チャンスシーンをもっと増やしていかなきゃいけないと思います
やはり優勝を争う川崎とは攻撃力の差を感じました


今年最後のホーム、鈴木監督がビッグスワンで指揮をする最後のゲームの
リーグ最終戦のFC東京戦
何とか勝って、賞金ゲットと最高勝ち点51を超えて歴史に刻み
リーグ戦を終えてほしいです
23:53 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


J1 第32節 柏レイソル戦 

2009年11月24日 ()
柏に0-1で敗戦し、ACL出場の三位以内の可能性が消滅
順位も7位になり、今年最低順位まで落ちてしまった
一方、柏はこれで残留の可能性し、残留争いも面白くなってきました

序盤に何度か矢野にチャンスがあるが決めきれず
徐々にレイソルがペースを掴み、内田の裏に出たボールをフランサが内田より早く
ボールに触り、北野と1対1になり落ち着いてゴール
マルシオが千代反田と接触し、足首を痛め、酒井と交代

後半、アルビはマルシオが抜けたのは大きく、なかなかゴール前まで行けず
時間は過ぎ、交代でヨンチョル、エヴェルトンを投入し、やっと流れが良くなり
ロスタイムには猛攻を仕掛けるがゴールを割れずに終了


★気になった選手

ヨンチョル  仕掛ける動きがあり、チームに変化をもたらしました
        切り替えしてからの右足のシュートは決めてほしかったですが
      
エヴェルトン 斜めの動きでパスを引き出したり、コンビネーションで崩そうとしたり
        面白い動きをしていたと思います

千代反田   気持ちが悪いほうに出たと思います
        失点の場面での前にボールを取りにいった所、マルシオとの接触
        最後の矢野と被った所
        とにかくこの試合はついてなかったです


◆ぎりぎりで粘る柏

柏は、すごく集中した守備を発揮していました
中盤の守備もしっかりプレスをかけ、シュートを打たれた際も何人もの人が反応し、詰めていて
気持ちがすごい出ていたと思います
菅野選手を中心に最後の所でゴールを割らせてもらえませんでした

やはり、フランサはうまいですねー
ボールの持ち方がうまくなかなかボールを奪えなくて、絶妙なタイミングのパスも素晴らしかったです
本気で走った時はかなり速いのは驚きました
若い大津も良かったです
対面の内田相手にも積極的に仕掛け、押し込んでいたと思います


◆ホームはリーグ戦5ヶ月勝ちなし

ホームだと点が取れなくなってます
アウェーだと相手も前に出てくることが多くなりますが
新潟はホームが強いというイメージがあるのか
相手は慎重にゲームを進めてきて得点奪えない状況ができているんだと思います

ペドロが抜けたのも大きいかもしれませんね
ただ、4-4-2にしてチームのバランスは良くなりました
そう失点はしなくなりましたが、得点力は確実に落ちてますけど


まあ、まだ天皇杯も残ってるし、J1ではチーム最高順位を目指してほしいです
このまま、順位が下がってしまうと今年の躍進が忘れ去られてしまう感じになってしまいます
賞金をGETして来期につなげてほしいからもありますけどね

次は川崎戦、相手は優勝争いですが
見事阻止して過去最高勝ち点である51を越えてもらいたいと思います
00:06 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


天皇杯 明治大学戦 

2009年11月15日 ()
勝てばOK、カップ戦で特にアマチュア相手だとそう思います
そうは言っても明治大学は、湘南と山形に連勝していて
侮れるような相手ではないですが

ゲームは明治大学がアルビに対し、前半からラインをかなり上げてきて
前から積極的にプレスをかけてきたと思います
アルビはそれをうまく交わせずにゲームは進んでいきました
この日はとても風が強く、明治のロングボールに何度もミスをしていました

16分にジウトンがサイド深くまで進入し、大島が低空ヘッドで先制
40分にはカウンター気味で早い縦パスをマルシオがフリーでボールを受け
相手の不意を突くグラウンダーのクロスを矢野に送り、落ち着いて矢野がゴール

後半開始早々、明治のロングボールに対し、ジウトンがクリアミス
そのボールがなんと明治の山本選手に渡り、失点
前半から再三、クリアミスをしてたので嫌な予感は的中しました
これで相手の勢いを乗せるゴールになりました
明治は自分たちのパスサッカーを見せ始めます
そこで何度かチャンスを作りましたが決めきれず
64分に本間から木暮へサイドのスペースにスルーパス
木暮がクロスを上げ、大島が軽く触ったボールが矢野にわたりゴール
3-1になり、明治も攻勢に出ますがゲームは終了

内容は褒められたものではなく、明らかに磐田戦とは違い、運動量がなかったです
そのため、相手に人数をかけられたときにフリーの選手を作らせていました
褒める部分があるとすれば、今日はシュートが少ないながらも効率よくゴールを決めたことで
どうみても省エネサッカーしてました

何はともあれ、これでアルビは天皇杯で初のベスト8
次は清水、これからは厳しい戦いになるはずです

昨日、マルシオが浦和に移籍決定的とスポニチ出ましたが
今日になり、報知でテオ代理人が「本人は新潟のためにプレーしたいと言っている」
といい、否定されました
とてもうれしかったんですが
これからの時期はやきもきする日々が続きそうです
19:33 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


第31節 磐田戦 

2009年11月08日 ()
みんな鈴木監督のこともあるのか気持ちの入ったゲームを見せてくれました

立ち上がりからアルビは積極的に前からプレスをかけていて相手はボールを下げざる負えない状況を作り
高い位置でボールを奪い、チャンスを量産しました
前半はジウトンのロングスローから大島が第8節以来のゴールをしたのみでしたが
完全にゲームを支配したと言える出来だと思いました
最近でもここまで相手を圧倒することなんて記憶にないです

後半にジュビロがプレスをかけられる前にロングボールをうまく使い
流れをやりましたが
Jリーグ最小失点を誇るアルビ守備陣は決定的なチャンスを与えていなかったです
大島が追加点を決めてからは安心してゲームを見ることができました
これだけのゲームを見せられると天皇杯やACL圏(ガンバが勝ったので勝ち点5差ですが)
も期待できると思います

★今日の良かった選手たち

ジウトン あのロングスローはまさに規格外です
      守備やクロスも良くなってきています
      細かいミスは多いですが、チームに意外性をもたらし
      チャンスを作ってくれます

三門   守備、攻撃とあちこちに顔を出します
      特に攻撃ではガンガン飛び出して行き
      アルビには無かった、攻撃の厚みが生まれています
      初ゴールも近そうです

大島   相変わらず安定したポストプレイでチームに貢献
      8節以来のゴールで本人も安心したでしょう
      二点目のゴールは落ち着いていました


次節の柏戦は相手が降格圏内+清水に5-0と勢いと気持ちを持ってやってくるでしょうから
面白いゲームになりそうです

とその前に来週は明治大学がありますね
やりづらい相手でしょうが、今のアルビなら大丈夫だと思います
22:14 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。