← サカつく アルビ日記 4年目 | TOP | サカつく アルビ日記 3年目

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


天皇杯 明治大学戦 

2009年11月15日 ()
勝てばOK、カップ戦で特にアマチュア相手だとそう思います
そうは言っても明治大学は、湘南と山形に連勝していて
侮れるような相手ではないですが

ゲームは明治大学がアルビに対し、前半からラインをかなり上げてきて
前から積極的にプレスをかけてきたと思います
アルビはそれをうまく交わせずにゲームは進んでいきました
この日はとても風が強く、明治のロングボールに何度もミスをしていました

16分にジウトンがサイド深くまで進入し、大島が低空ヘッドで先制
40分にはカウンター気味で早い縦パスをマルシオがフリーでボールを受け
相手の不意を突くグラウンダーのクロスを矢野に送り、落ち着いて矢野がゴール

後半開始早々、明治のロングボールに対し、ジウトンがクリアミス
そのボールがなんと明治の山本選手に渡り、失点
前半から再三、クリアミスをしてたので嫌な予感は的中しました
これで相手の勢いを乗せるゴールになりました
明治は自分たちのパスサッカーを見せ始めます
そこで何度かチャンスを作りましたが決めきれず
64分に本間から木暮へサイドのスペースにスルーパス
木暮がクロスを上げ、大島が軽く触ったボールが矢野にわたりゴール
3-1になり、明治も攻勢に出ますがゲームは終了

内容は褒められたものではなく、明らかに磐田戦とは違い、運動量がなかったです
そのため、相手に人数をかけられたときにフリーの選手を作らせていました
褒める部分があるとすれば、今日はシュートが少ないながらも効率よくゴールを決めたことで
どうみても省エネサッカーしてました

何はともあれ、これでアルビは天皇杯で初のベスト8
次は清水、これからは厳しい戦いになるはずです

昨日、マルシオが浦和に移籍決定的とスポニチ出ましたが
今日になり、報知でテオ代理人が「本人は新潟のためにプレーしたいと言っている」
といい、否定されました
とてもうれしかったんですが
これからの時期はやきもきする日々が続きそうです
スポンサーサイト
19:33 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


 ← サカつく アルビ日記 4年目 | TOP | サカつく アルビ日記 3年目

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← サカつく アルビ日記 4年目 | TOP | サカつく アルビ日記 3年目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。