← サカつく オラッタ日記 3年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 2年目

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


J1 第33節 川崎フロンターレ戦 

2009年11月28日 ()
今年は0-1の敗戦が多いです
この試合でも0-1の敗戦、二連敗で賞金圏外の8位まで順位を落としてしまった
川崎は最終節に優勝の可能性を残せました

新潟はマルシオ、ジウトンが怪我で欠場 厳しいゲームになると予想できました
前半は川崎がシュート5本、新潟が1本と数では負けていましたが
チャンス自体はそう変わらなかったと思います
守備が集中していて、あまり怖いシーンは少なかったです
松下が裏に抜ける動きで何度かチャンスを作っていました
三門も内田からのクロスをファーサイドでどフリーのヘディングと
松下からのスルーパスで受け、GK川島を交わすシーンとありました
この場面では川島選手の飛び出しはすばらしかったです
大島が怪我で途中交代、二試合連続で前半での交代があり
ついていないような気がします

後半に入り、ゲームが動き始めます
序盤は両チーム共に何度かチャンスがありましたが決められず
一気に川崎ペースで進んでいきました
ケンゴのトーキックのシュートはアイデアがあり、さすがと思いました
ジュニーニョはよくそのシュートをやってますね
70分にジュニーニョのクロスからテセがニアに動き、ボレーで先制
新潟はビハインドですがなかなかチャンスを作れず
ゴートクが左サイドで粘ってクロスを上げた場面くらいしか惜しいシーンはなかったです

マルシオ抜きでもある程度はいいゲームができているのですが
得点が取れませんので
チャンスシーンをもっと増やしていかなきゃいけないと思います
やはり優勝を争う川崎とは攻撃力の差を感じました


今年最後のホーム、鈴木監督がビッグスワンで指揮をする最後のゲームの
リーグ最終戦のFC東京戦
何とか勝って、賞金ゲットと最高勝ち点51を超えて歴史に刻み
リーグ戦を終えてほしいです
スポンサーサイト
23:53 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


 ← サカつく オラッタ日記 3年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 2年目

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← サカつく オラッタ日記 3年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 2年目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。