← サカつく オラッタ日記 6年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 5年目

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


J1 第34節 FC東京戦 

2009年12月06日 ()
1-1の引き分けで賞金圏外の8位で終了
もし勝ていれば5位になっていましたがゲーム内容からいって
妥当な結果だったと思います


マルシオ、大島は怪我、本間が累積で出場停止でチームの中心が抜けてしまって
厳しいゲームになりました
CKから松尾が決め何とか引き分け
千代反田のヘッドがポスト直撃くらいしか決定的なチャンスはなかったと思いますが
内容としては悪くはなかったです

FC東京に負けないボール回しもできていたがやはりゴール前での
プレイ精度がイマイチです
4-4-2に戻してからの大きな課題になっています
細かいところですがトラップが大きかったりやパスが少しずれてしまい
相手に寄せられる時間を作ってしまいます
そこが上位に行くためには必要なのかなと思います
あとはボールを奪ってからの繋ぎを正確にする所です
どうもボールの出し手と受け手のタイミングが合わないことが多い気がします
4-3-3の頃はうまくいっていたように思います


一方、FC東京はボール回しがうまく、個々にキープ力の高さを感じました
うまくいかない時間帯には単純に平山にロングボールを
上げることができるので戦術的に幅があると思いました
平山は見ないうちに良くなっていますね
キープ力があり、正確なパスもできているので理想的なポストプレイヤーです
場合によって仕掛ける動きもあるので怖い選手になりました
ただ、東京は繋ぎの所でキープ力に自信があるのか、多少持ちすぎで
矢野などが積極的にプレスを掛けられて高い位置で何度か取られていてピンチを作っていました


ゴールを決めた松尾は戦力外で来期は新潟を離れます
背も高くテクニックもあり、両足も使える万能なSBで
まだまだ新潟で使える選手でしたが、やはり怪我の多さが原因でしょうか
ジウトンも鹿島が獲得に動いているみたいだし、残してほしい選手でした
左右のSBできる選手は貴重なのでJ1チームも獲得に動くと思われます

もう一人の戦力外のマーカスは新潟では出番があまりありませんでした
今年出ていた試合を見てみるとそれなりに安定したプレイをしていたと思いますが
千葉や三門にポジション争いで負け
来期にはユースの奥山やU-18日本代表の加藤大と将来に期待のできる選手たちが入るので
戦力外は仕方なかったのかなと思います
大宮、札幌と一緒だった三浦監督のいる神戸辺りが取りそうな気がします


ホームでの鈴木監督は最後でしたがまだ天皇杯があります
清水は新潟同様、リーグ終盤では調子を落としていましたが
カップ戦なのでどうなるかわかりません
ぜひとも、勝って少しでも長く鈴木アルビを見ていたいです
スポンサーサイト
18:00 アルビレックス新潟 | (0) | (0) | 


 ← サカつく オラッタ日記 6年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 5年目

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← サカつく オラッタ日記 6年目 | TOP | サカつく オラッタ日記 5年目
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。